スポンサードリンク

川田十夢のプロフィールや経歴!大学や出身や結婚は?情熱大陸に出演


 

GTWtypSZmRrErg01380341074_1380341093

 

AR三兄弟の長男・川田十夢さんが情熱大陸に出演しました。
今回、情熱大陸でとりあげられたことで川田十夢さんのことやAR三兄弟のことを知った人が多いんじゃないでしょうか?川田さんの面白い発想や考え方をみているとわくわくしてきますね

そこで今回は、川田十夢さんの経歴や発明について調べてみました。

 

 

川田十夢のプロフィール・経歴

川田十夢さんは1976年の8月28日生まれの熊本県出身、大学は中大学商学部会計学科を卒業し、2001年に大手ミシンメーカーのJUKIに入社しました。

 

_DSC3134

 

JUKIへ入社した後は会社内で「ALTERNATIVE DESIGN++」というチームを発足させ、会社へ面接時に提出した「未来の履歴書」の通り、Webを使った全世界で機能する部品発注システムを開発し、2007年にミシンとインターネットを融合させた特許を取得、2010年に独立し、現在は「AR三兄弟」という開発ユニットに属し、三兄弟の長男としてi-phoneアプリなど様々な作品を発明、今までにない斬新な商品や発想を発表し続けています。

 

tomiphone

 

ちなみに川田十夢さんの結婚について調べてみましたが、奥さんがいるというような情報は見つかりませんでした。

 

AR三兄弟とは?

AR三兄弟は長男・川田十夢さん、次男・髙木伸二さん、三男・小笠原雄さんの3人を中心とする開発チームで、JUKI株式会社に在職していた頃から、メーカー内の広告、システム開発、特許発案、展示会のプローデュースなど多岐にわたって携わり、2010年に会社から独立後は、枠に捕らわれない発想で様々商品を開発しています。

 

2012032914320120rlp0

 

AR三兄弟の「AR」とは「Augmented Reality(拡張現実)」の略で、現実世界にあるものをコンピューターを通し拡張させ、現実の世界に存在させる技術のことをさすようです。

 

ar01

 

 

こんな感じになります。この技術を活かすと、例えばアイドルがテレビの中で歌って踊っているのをただ見ているだけではなく、自身のi-phoneなどを通して、現実世界のいろんなところで出現させることが出来るようになります。

またエンターテンメントばかりでなく、街中でスマートフォンをかざすだけで、必要な情報が読み取れるようになったり、旅行などの分野でも使えそうな技術ですね。

 

ar_0912-thumb-490x324-9745

こんな風に、街中で気になる情報を読み取れるようになるかもしれません!!

 

prl13041510590012-p1

まだまだ開発段階のものですが、上手く利用すれば企業などはいつでもどこでも3Dの面白い広告が出来たり、映画やテレビといったエンターテイメントなんかも、より面白くてリアルな表現が出来るようになるんじゃないでしょうか?

ほんの10年前まではインターネットの時代と言われITが盛り上がっていましたが、今では当たり前のように普及し、なくてはならないツールになりましたね。川田十夢さんのAR(拡張現実)という技術も近い将来には、当たり前の存在になる日がやってくるかもしれませんね。

 

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す