スポンサードリンク

阿部サダヲの奥さんは?結婚した嫁はDQN?子供や本名やバンドは?


 

66465c84c40e2b814d62ba75ffb37510

 

個性派俳優として映画や舞台で活躍中の阿部サダヲさん。

主演映画『謝罪の王様』が9月28日より公開されますね、阿部サダヲさんといえば今人気のドラマ『あまちゃん』の脚本家・宮藤官九郎さんとセットっていうイメージですが、お二人は一緒にバンド活動も行っているそうですね。

そこで今回は、そんな安部サダヲさんについてまとめてみました。

 

阿部サダヲのプロフィール・経歴

 

300x

 

名前 : 阿部隆史
出身 : 千葉県
生年月日 : 1970年4月23日
血液型 : A型
身長 : 164cm

阿部サダヲさんは小学生の頃は泣き虫だったそうで、授業の時に先生から「阿部君」と指されただけで泣いてしまったこともあるんだそうです。現在の阿部さんはユーモアたっぷりでおチャラけているイメージが強いんですが昔はシャイな少年だったんですね。

ただ、そんな阿部さんですが、野球を始めてから性格も変わり、泣き虫少年から目立ちたがり屋の明るい少年になったんだとか、小中高と野球部でプロ野球選手を目指していたらしいんですが、高校卒業後はいくつかの職を転々とし、最終的に友人やその母親に勧められたことがきっかけで芸能界へ入ったんだそうです。

 

mkha-3

 

ちなみに中学校は松戸市立第六中学校、高校は松戸市立松戸高等学校に通っていました。

 

阿部サダヲの本名は?

プロフィールのとことでも書いたんですが、阿部サダヲさんの本名は阿部隆史さんといいます。「阿部サダヲ」という芸名については、1936年にあった「阿部定事件」から付けたんだそうです。

 

1912

 

調べてみたんですが、この「阿部定事件」っていうのはかなりセンセーショナルな事件だったみたいで、なんでこの事件から名前を取ったのかはわかりませんが、インパクトはかなりありますね。

 

阿部サダヲの嫁・奥さんはDQN?

そんな阿部サダヲさんなんですが、現在は奥さんと2人のお子さんがいます。奥さんは一般の方なので画像や写真は発見できませんでしたが、調べてみたところ「DQN」というキーワードがあがってきたので探ってみました。

 

o0500035211457847334

 

阿部サダヲさんと奥さんが結婚した時期は定かではないですが、2000年頃だといわれています。出会いは奥さんが阿部サダヲさんの大ファンで、阿部さんの出演する舞台などを必ず見に行っていたそうです。

阿部さんの奥さんは熱狂的なファンだったらしく、プロポーズ(?)も奥さんの方からで、「あんたは私と結婚しないとダメになる」と言い、阿部さんも奥さんと結婚した理由について「ダメになりたくないから結婚した」とあるインタビューで語っていました。

 

 

他にも奥さんの面白い(?)エピソードがあったので並べてみます。

・奥さんは演劇関係の打ち上げなら何でも参加する熱狂的な演劇ファン
・阿部サダヲさんが「早く打ち上げから帰ってこないと泣き叫ぶ」
・阿部サダヲさんが出演したラジオは全部録音し隅々までチェック
・役者である阿部さんにお揃いのイニシャルのタトューをおねだり

どこまでホントかはわかりませんが、そんなエピソードの数々から奥さんはDQNだなんて言われてしまっているようです。ちなみにお揃いのタトューは阿部さんの足の親指に入っているんだとか(噂ですが)

 

阿部サダヲの子供は?

阿部サダヲさんのお子さんについてなんですが、現在2001年に生まれた長男と2005年生まれの長女がいるそうです。

お子さんの写真などは見つかりませんでしたが、ネット上には「以前、阿部さんが出演していた『たまひよ』のCMの子供は、実は本当の子供だったんだじゃないか?」という噂もあります。

 

hqdefault

 

また、阿部サダヲさんと舞台で共演した方が「阿部さんのお子さんはめちゃくちゃ可愛らしく阿部さんにそっくり」だと語っていました。

 

阿部サダヲのバンドって?

阿部さんは、ドラマなどでもよくコンビを組んでいる宮藤官九郎さんなどと一緒に「グーループ魂」というバンドを組んでいて、紅白歌合戦にも出演したことがあるらしいです。

 

group_tamashii

 

バンドのメンバーは阿部さんを始め、俳優や脚本家や飲食業などを本業としている人が多いので、曲リリース期間はよく空いたりするそうなんですが、歌詞は官藤さんが書いているらしく、主にギャグやシモネタや中年の哀愁など、独特なものが多いようです。
阿部サダヲさんと官藤官九郎さんはホント名コンビで、これまでも数々の面白い映画やドラマを一緒にやってきているので、今後も面白い作品をいっぱい作っていって欲しいですね。

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す