スポンサードリンク

ロドリゴ・ゲレロの経歴やプロフや実力は?亀田大毅IBF世界戦へ!


 

 無題1

 

9月3日に亀田家の次男、亀田大毅がロドリゴ・ゲレロとIBF世界スーパーフライ級王座決定戦に挑みます。

ロドリゴ・ゲレロ選手は、元IBF世界スーパーフライ級王者で、初防衛戦で前王者ファン・カルロス・サンチェス選手と戦い判定で負けてしまいましたが、今回そのサンチェス選手が防衛戦で計量に失敗し王座を剥奪されたので、空位になった王座の席にをかけ、同級3位の亀田大毅と4位のロドリゴ・ゲレロの対戦が決まりました。

 

ロドリゴ・ゲレロのプロフィール・経歴は?

 

2305_1

名前 : ロドリゴ・ゲレロ

国籍 : メキシコ

年齢 : 25歳

身長 : 165cm

リーチ : 170cm

スタイル : サウスポー

戦績 : 24戦19勝4敗1分(12KO)

 

 

o0235031412612860598

名前 : 亀田大毅

国籍 : 日本

年齢 : 24歳

身長 : 169cm

リーチ : 164cm

スタイル : オーソドックス

戦績 : 31戦28勝3敗(12KO)

 

ロドリゴ・ゲレロ選手は、元IBF世界スーパーフライ級王者で、母国メキシコでは家族を養うためにアパレルショップと精肉輸入業を営んでいるそうです。今回の世界戦の公開練習ではフィリピン同級9位ジョビー・カツマタ選手を強烈な右ストレートで圧倒し、調子の良さをみせつけていました。

 

ロドリゴ・ゲレロの実力は?

 

ロドリゴ・ゲレロ選手は非常に手数が多い選手で、ワンツー・ストレート、左右フック、アッパーなどまんべんなく打ってくるタイプの選手で、過去の試合を見た感じだと、一発一発強く打つタイプではなく、ガンガン連打で攻め続けるタイプで、まさに攻撃は防御っていう感じのボクサーです。

 

hqdefault

 

ディフェンスはそんなに上手くないですが、左右のフックが強く、特にボディフックが強烈です。また2010年3月には当時スーパーフライ級で最強だった、ビック・ダルチニアンとガンガン打ち合い、大差の判定負けをしてしまいましたが、果敢に最後まで打ち合い、そのタフネスぶりも知られています。

 

【ゲレロ VS ダルチニアン (短いハイライト)】

 

h-bt-070728-1-ns-big

大毅選手はこうゆうガンガン打ち合ってくるタイプは得意じゃないので、とても相性が悪いですね。

戦い方としては単純な打ち合いは避け、狙いを絞った強打をぶつけて倒すのが良さそうですね。とはいえ今回は相手のペースに巻き込まれるような気がしますが。。。

一発では大毅選手、手数ではゲレロ選手って感じになると思います

 

ただ今回、ゲレロ選手のような実力者を倒しきることが出来れば、いろいろ言われている、大毅選手の実力も本物と証明されるんじゃないでしょうか?

IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ、亀田大毅VSロドリゴ・ゲレロ、楽しみですね。

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す