スポンサードリンク

室伏広治の伝説!身体能力が凄すぎる!?父母妹は?おねえ?結婚や家族は?


 

img_92803_455158_0

 

世界陸上モスクワ2013に室伏広治選手が出場します。

室伏広治選手、もはや説明要らないですよね?日本のスーパーアスリートで鉄人と呼ばれています。

今回は、そんな室伏広治選手について調べてみたら、数々の伝説が見つかったので書いてみようと思います。

 

 

室伏広治の経歴・プロフィール

d0103494_1912617

名前 : 室伏アレクサンダー広治

生年月日 : 1974年10月8日

身長 : 187cm

体重 : 99kg

種目 : ハンマー投げ

自己ベスト : 84m86(2003年)

 

 

室伏広治選手はアテネオリンピックのハンマー投げ金メダリスト、世界陸上では3つの大会で金メダル・銀メダル・銅メダルをそれぞれ獲得、オリンピックでも金メダルと銅メダルを獲得しています、あと知られていませんがスポーツ科学者でもあり、中京大学準教授をしていて博士号を持っています。

 

mig

 

室伏広治の家族は?

室伏選手は4人家族で、父・室伏重信(ハンマー投げ)、母・セラフィナ・モリッツ(槍投げ)、妹・室伏由佳(円盤投げ)でオリンピックへの出場経験があり、家族全員がオリンピック経験者です。室伏広治や妹の室伏由香さんは幼少の頃から父より英才教育を施され、特に兄の室伏広治選手は高校時代には高校時代にはすでに周りとは別格にならない投てきを連発していたそうです。

 

PN2011121501001847.-.-.CI0003

しかし、室伏選手の家庭はちょっと複雑らしく、父の重信さんと母のセラフィナさんは室伏広治選手が中学生の頃に離婚、母のセラフィナさんは他の男性と再婚したが、その男性は借金を残し蒸発し、持病で働けないセラフィナさんは生活保護を受けているそうです。これに対して、室伏選手は「援助するなどの接点を母と持つことは、父へ対する裏切り」と語り、母に援助や支援はまったくしていないんだそうです。

室伏家の間に過去に何があったのかはわかりませんが、このことはネット上などでも話題になっているみたいですね。。。

 

室伏広治の伝説!!身体能力が凄すぎる!?

そんな室伏広治選手ですが、身体能力が凄すぎて数々の伝説を残しています。

fe_ch20080624_01

 

伝説1:握力の針が振り切れて計測不能(120kg以上)

伝説2:立ち幅跳びでは3m60cm以上飛ぶ

伝説3:100mを10秒台で走る

伝説4:TV番組で跳び箱18段をクリア

伝説5:ハンドグリッパーのCOC/No.3を破壊

COC3

伝説6:高校時代ほとんどやったこと無い槍投げで国体2位になる

伝説7:プロ野球の始球式で131kmのストレートをど真ん中に投げる

 

伝説8:長野オリンピック前にボブスレーの運動能力テストに参加、日本代表候補に選ばれる

伝説9:テレビ番組のスポーツマンNo1決定戦からは、レベルが違いすぎてオファー来ない

 

刃牙かっ!!ってツッコミたくなりますね。

 

ただ、マラソンなどの長距離は苦手で、学生時代のマラソン大会などは、スタート直後ではブッちぎるものの、ゴールしてみると殆どビリだったんだそうです。

 

室伏広治はおねえ?結婚は?

室伏広治選手について調べていたら、何故か“おねえ”と言うワードがひっかかりました

調べてみたところ、理由は世界陸上の司会でお馴染みの織田裕二さんが、室伏広治さんの大ファンで織田裕二さんに“ゲイ疑惑”があることから、最終的には『室伏広治さんと織田裕二さんがカナダで極秘結婚した』という話にまで発展していました。

 

top_photo_2013_031-300x215

 

実際のところ、織田裕二さんは2010年に女性と結婚しているので面白半分なデマなんですが、その結婚自体も“偽装結婚”というオチつきでまとまったみたいです(笑)

ちなみに室伏広治さんは独身です。

最後のほうは、なんかネタみたいになってしまいましたが、室伏広治選手は今回の世界陸上で最もメダルが期待できる日本人選手なので、是非初日から飛ばして日本チームに勢いをつけてもらいたいですね。

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す