スポンサードリンク

ブレッシング・オカグバレの経歴!100m・200m・走り幅跳びの記録は?


 

 VLUkMQRfmZ_tAc71376145263_1376145285

 

世界陸上モスクワ2013にブレッシング・オカグバレという選手が出場します

あまり聞いたことのない選手なんですが、世界的に注目されている選手らしいです、いったいどんな選手なんでしょうか?

気になったので調べてみました。

 

 

ブレッシング・オカグバレの経歴

blessing-okagbare67

 

名前 : ブレッシング・オカグバレ (Blessing Okagbare)
国籍 : ナイジェリア
生年月日 : 1988年9月10日
身長 : 180cm
体重 : 68kg
種目 : 走り幅跳び、100m走、200m走

 

ブレッシング・オカグバレ選手は元々は走り幅跳びの選手、最近になって幅跳びの技術向上のために100m、200mを始めたところ、ダイヤモンドリーグなどで両競技で優勝し短距離走の選手としても注目があつまりました。

 

Blessing+Okagbare+Olympics+Day+8+Athletics+2HSmd9B1Zn4l

 

また、100m走のタイムが速くなった結果、2008年を最後に頭打ちだった自身のメイン競技走り幅跳びの記録も伸び7mを超えるジャンプを記録しました

 

ブレッシング・オカグバレの記録は?

オカグバレ選手の100mの自己ベストは今年7月に行われたダイヤモンドリーグの10秒79、これはアフリカ新記録で、この大会でオリンピック金メダリストのシェリー・アン・フレイザー・プライスなどを下し優勝しています。また6月のダイヤモンドリーグ200m走でも、ロンドンオリンピック銀メダリストのシェリー・アン・フレイザー・プライスを破り優勝走り幅跳びも7.04mを跳び優勝しました。

 

Blessing+Okagbare

 

世界陸上では、女子走り幅跳び・100m走・200m走に出場し、いずれもメダルが狙えることから女版カール・ルイスと呼ばれているそうです。

 

ちなみにカール・ルイスという選手は1979年から1996年の間に参加したオリンピックで10個のメダル(うち9つが金メダル)を獲得し、世界陸上では10個のメダル(うち8つが金メダル)を獲得した名選手です。

すごすぎですね^^;

このカール・ルイス選手は、男子走り幅跳び・100m走、200m走、4×100mリレーでメダルを獲得しました。

 

カール・ルイス選手とマイク・パウエル選手の走り幅跳びの動画があったのでご覧下さい

 

【ルイスとパウエル 走り幅跳び伝説の名勝負】

走り幅跳びの技術は奥が深いんですね。

 

そして、そんなカール・ルイス選手の女版と言われているのが、このブレッシング・オカグバレ選手、こちらがオカグバレ選手のジャンプです。

 

【2013 Diamond League Lausanne Women’s Long Jump】

 

カール・ルイス以来の伝説が生まれるのか?ブレッシング・オカグバレ選手の活躍が楽しみですね。特に女子走り幅跳びは、同じく新世代の注目選手ダリャ・クリシナがいるので。2人の新世代が女王の座を取れるのか注目です!!

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す