スポンサードリンク

平成狸合戦ぽんぽこの舞台とロケ地!!多摩ニュータウン!!


 

先週の金曜ロードショーで耳をすませばが放映されてましたね。

わたしも見たんですが、中学時代の青春のお話ってなにかいいですよね。
当時のことを思い出していろいろ思い出に浸ってました。

さて、そんな金曜ロードショーなんですが今週は平成狸合戦ぽんぽこが放送されます。

 

 images

 

スタジオジブリの映画の中ではマイナーな方だと思うんですが、個人的には結構好きな作品です。

今回は平成狸合戦ぽんぽこのお話と、そのロケ地、作品の舞台とされている東京の多摩ニュータウンについて調べてみました。

 

平成狸合戦ぽんぽこあらすじ

この映画は、人間による自然破壊から自分達の住処を守ろうと、たぬきたちが色々な作戦をたてて奮闘している姿をとてもユーモラスに描いたファミリーアニメです。

 

images (2)

 

自然豊かな土地、多摩丘陵。そこへ住んでいたたぬきたちはのんびり豊かに暮らしていました。ところがそこへ人間たちがやってきて、宅地造成による環境破壊がはじまり、その結果、自然が奪われ、彼らの生活がおびやかされてしまいました。
そこでたぬきたちは自分達の生活を守るため、先祖伝来の化け学で人間に対抗しようとするんですが。。。

 

images (1)

 

自然破壊に対するメッセージと人間社会の問題点などを浮き彫りにした作品です

 

平成たぬき合戦ぽんぽこの舞台と現状

この映画の舞台となったところは東京の多摩ニュータウンで、現在では映画の中の話と同じく宅地造成されて、大きな住宅地になっています。宅地造成するときに環境のことを考えて緑を残していて、今でもたまに狸が出ます。

そんな多摩ニュータウンですが、1966年に住宅問題解消のためにつくられ、団塊の世代の人が多く移り住みました。開発当初は駅もなく不便なところだったみたいですが、数年後にはそれも解消されて、今では生活の不便もない場所になりました。
ただ現在では、住人達の高齢化、建物の老朽化など別の問題に困っているそうです。

 

他にも、八王子、町田、稲城なんかも同じようなニュータウンがほぼ同時期に建設されていて、そちらも同じような問題に悩んでいます。

 

 ダウンロード

 

平成たぬき合戦ぽんぽこのメッセージ

この映画は基本的に環境を大事にしようっていうメッセージが込めれれているんですが

それだけじゃなくて、器用に人間社会の中に溶け込んで暮らしている狸がいたり、逆に不器用に自然を守るため人間に立ち向かう狸がいたり人間社会の縮図みたいな感じがして面白いです。

現在の多摩ニュータウンの問題や他のニュータウンの問題に対しても、狸の変化の術みたいに柔軟に対応出来たらいいですね。

 

【平成狸合戦ぽんぽこ予告編】

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す