スポンサードリンク

金本兼次郎の経歴!うなぎ屋の野田岩がNHKプロフェッショナルに!


 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

老舗うなぎ屋「野田岩」の主人、金本兼次郎(85)さんがNHKプロフェッショナルに出演します。

土用の丑の日が今年の夏は2回もありますよね、「一の丑」はもう終わってしまいましたが、まだ8月3日の「二の丑」が残っているということで、今回は、寛政12年(1800年)に創業した「野田岩」の5代目主人、金本兼次郎さんに注目してみました。

 

 

金本兼次郎のプロフィール・経歴

ZzsVuVOTYdn9E9v1375025756_1375025779

 

金本兼次郎さんは1928年の1月1日生まれ、幼少の頃から「野田岩」の4代目主人だったお父さんの背中を見て育ちました。父親がうなぎを仕入れに行くときも、いつも一緒についていき、うなぎを焼く煙を吸って育ったそうです。

 

180166

 

老舗のお店をついで70年、今もうなぎの調理を追及し、常にもっと上を目指していて、2011年にはミシュランガイド東京で1つ星を獲得しました。

 

「野田岩」はどこにある?

野田岩は現在、5店舗あり、日本では、麻布飯倉本店、銀座店、下北沢店、日本橋高島屋店の4店舗、海内ではフランスのパリに1店舗お店を構えています。

 

こちらは、麻布朝倉本店の情報です。

住所 : 東京都港区東麻布1-5-4
営業時間 : 午前11時~13時30分 午後17時~20時
定休日 : 毎週日曜日 夏季休暇/年末年始 7・8月土用の丑の日

大きな地図で見る

 

残念ながら、野田岩は7・8月の土用の丑の日はお休みされるそうです。
理由は、うなぎが沢山消費される日なので、良いうなぎが手に入れづらくなるからだそう。。。商売よりも職人としてのプライドを感じますね。

野田岩HPはこちら

 

野田岩の美味しさの秘密は?

c69c96c0

 

野田岩のうなぎが美味しい秘密は、たっぷりとのった脂ののったうなぎを、ふっくらと仕上げた絶妙な焼き加減と、創業当時から受け継がれている秘伝のタレがポイントらしいです。

また、うなぎだけではなく、季節に合わせた多彩な創作料理なども評判になっています。

 

f0235476_953160

 

 

金本兼次郎のこだわり

vjtmC金本兼次郎さんの、仕事に関する考え方は多くのメディアにも取り上げられていますが、ご自身の著書「生涯うなぎ職人」にも掲載されています。

この本の中には、『優れた職人は、販売より、購買を大事にする』と書かれていて、『生産者の方々に対して、商品に見合った適正な価格で取引をすることが、安定的に良いものを仕入れるコツ』だと語っています。普通、一般的には「安く仕入れて高く売る」が基本ですが、『商品の価値を大事にすることが一番のコツ』と考えるあたりは、さすがプロフェッショナルですね。

 

毎日、暑い日が続いていますが、8月3日の「土用の丑の日」はうなぎを食べて、力をつけて、お盆までお仕事頑張りたいですね。

 


Sponsored Link


関連記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す